転職する前に考えたいこと

近年の長引く景気後退により現在の仕事にやりがいが感じられない状況の人も多いと思います。給与面や仕事内容、職場の人間関係など、不満の原因はさまざまでしょう。そんな不満を解消するのに転職がひとつの選択肢になりますが、私の経験からも転職する前に考えてみたほうがいいと思うことがあります。

それは「転職したからといって必ずしも状況がよくなるとは限らない」ということです。特に自分の不満の原因がよくわからないうちにただ漠然と転職活動をしても、転職先で同じような問題に直面する可能性が高いはずです。このような失敗をしないためにも、まず自分の不満の原因を整理し、自分が具体的に何を望んでいるのか優先順位をはっきりさせ、その視点から仕事を探すようにしたほうがいいでしょう。

転職を考えることは、人生の途中で自分のことをしっかり見つめなおすきっかけだとも私は思うのです。

転職の理由によっては思いとどまったほうが良い

世の中で転職を考えている人はたくさんいると思います。
ただ、その理由によっては、思いとどまったほうが良いかもしれません。
大きく分けて前向きな転職と後ろ向きな転職があります。
前向きな転職と言うのは、もっと給料等の条件の良い会社や、
もっとやりがいのある会社を求めての転職です。
一方、後ろ向きな転職というのは、仕事がキツイ、楽しくない、人間関係が辛いなど、
現在の環境から逃げ出すための転職です。
前者の方には、そのまま志を貫いて、新しい職を探すことをお勧めします。
ただ、後者の方には、現状から逃げられても、おそらく、それ以降も同じことを繰り返すことになるので、
転職を思いとどまってほしいと思います。
実に私がそうだったからです。
現在、私は自分の甘さと世の中の厳しさを身をもって実感しているところです。
後悔する前に、今一度考えて欲しいと思います。