社内SEの主な業務とは

社内SEとは会社の中にあるシステムサーバーを作り、管理していく職業のことです。
この仕事は会社の規模や形式に応じて違うのですが、サーバーの保守管理がメインとなってくると思われます。

サーバーの保守管理とは既存のサーバーでのトラブルを解決して仕様変更を行い機能を追加していくというものです。
この仕事では勤務場所が変わることがほとんどなく、勤務地として場所の安定性は高いと思います。しかしサーバーは絶えず動いているのでいつトラブルに遭うかわかりません。
なので担当者は常に対応できるようにしておかなければなりません。しかし会社の中で必要不可欠な仕事で他の部署からも頼みごとをされたりするので働きがいはあると思いました。システムは時代とともに変化していきます。

その中で従来のシステムを知って改善に努めるこの仕事はとても重要だと思います。

社内SEならではの苦労

社内SEは転勤になることが少なく安定した職業だと思っている人もいると思いますが、社内SEは社内SEなりの苦労があります。
社内SEは会社の中にあるサーバーを調節していく仕事ですが、これがいつ
トラブルに巻き込まれるかわかりません。

トラブルに巻き込まれたら迅速な対応を求められるため、トラブルを解決するための知識が必要なのと勤務外出勤を余儀なくされる場合があります。

また他の部署が使用しているサーバーであればより良くするために様々な要求が社内SEに着ます。
一つならいいのですが、会社によっては複数の部署からいろんなタイプの相談を受けるので、仕事が膨大になる場合もあるようです。

転職をする場合、企業がもとめているものを、きちんと理解したうえで、転職活動をおこなわないといけません。企業がもとめているもの、それは、経験とヒューマンスキルだといえるでしょう。 経験というのは、やはりこれまで経験してきた仕事やスキル、そして、言語的な知識というのも、経験だといえるでしょう。 それに対して、ヒューマンスキルというのは、もっと一般的な、コミュニケーション能力であったり、リーダーシップだったり、そういったものをさします。
参考:エンジニア転職ランキング/スキルを活かした転職をサポート

社内SEは勤務場所の変動はほぼないため転勤が嫌な人にはいいかもしれませんが、会社によっては休憩が少ないような場所もあるので社内SEを考えている人はよく考えて転職していきたいものです。

勝ち組とは言われるものの

SEをやっている友達が多いのですが、みな口を揃えて言うのは「社内SEは勝ち組」という事。

何が勝ち組かというと、他の社員はネットワークやITについての知識が乏しいので頼ってもらえる、
かつ大手に勤めるSEに比べて精神的負担が少ない、給料も大手に比べては劣るが悪くはない…など。

へ~そうなんだと思ってましたが、実際はそんなことないような気もします。

というのも、私の会社の社内SEは二人いたのですが二人とも休職してしまいました。

何が理由かは分かりませんが、色々と追い詰められていたようですね。
しばらくして戻ってきましたが、周りが言っているほどオイシイ仕事ではないのかもしれません。

実際に、ネットワークに問題が発生したとき、彼らの責任ではないのにも関わらず
彼らは結構他の社員から責められたりしていましたし。

どちらにしろタフに精神でないと、続けられないのかもしれません。