社内SEの主な業務とは

社内SEとは会社の中にあるシステムサーバーを作り、管理していく職業のことです。
この仕事は会社の規模や形式に応じて違うのですが、サーバーの保守管理がメインとなってくると思われます。

サーバーの保守管理とは既存のサーバーでのトラブルを解決して仕様変更を行い機能を追加していくというものです。
この仕事では勤務場所が変わることがほとんどなく、勤務地として場所の安定性は高いと思います。しかしサーバーは絶えず動いているのでいつトラブルに遭うかわかりません。
なので担当者は常に対応できるようにしておかなければなりません。しかし会社の中で必要不可欠な仕事で他の部署からも頼みごとをされたりするので働きがいはあると思いました。システムは時代とともに変化していきます。

その中で従来のシステムを知って改善に努めるこの仕事はとても重要だと思います。

社内SEならではの苦労

社内SEは転勤になることが少なく安定した職業だと思っている人もいると思いますが、社内SEは社内SEなりの苦労があります。
社内SEは会社の中にあるサーバーを調節していく仕事ですが、これがいつ
トラブルに巻き込まれるかわかりません。

トラブルに巻き込まれたら迅速な対応を求められるため、トラブルを解決するための知識が必要なのと勤務外出勤を余儀なくされる場合があります。

また他の部署が使用しているサーバーであればより良くするために様々な要求が社内SEに着ます。
一つならいいのですが、会社によっては複数の部署からいろんなタイプの相談を受けるので、仕事が膨大になる場合もあるようです。

転職をする場合、企業がもとめているものを、きちんと理解したうえで、転職活動をおこなわないといけません。企業がもとめているもの、それは、経験とヒューマンスキルだといえるでしょう。 経験というのは、やはりこれまで経験してきた仕事やスキル、そして、言語的な知識というのも、経験だといえるでしょう。 それに対して、ヒューマンスキルというのは、もっと一般的な、コミュニケーション能力であったり、リーダーシップだったり、そういったものをさします。
参考:エンジニア転職ランキング/スキルを活かした転職をサポート

社内SEは勤務場所の変動はほぼないため転勤が嫌な人にはいいかもしれませんが、会社によっては休憩が少ないような場所もあるので社内SEを考えている人はよく考えて転職していきたいものです。

転職する前に考えたいこと

近年の長引く景気後退により現在の仕事にやりがいが感じられない状況の人も多いと思います。給与面や仕事内容、職場の人間関係など、不満の原因はさまざまでしょう。そんな不満を解消するのに転職がひとつの選択肢になりますが、私の経験からも転職する前に考えてみたほうがいいと思うことがあります。

それは「転職したからといって必ずしも状況がよくなるとは限らない」ということです。特に自分の不満の原因がよくわからないうちにただ漠然と転職活動をしても、転職先で同じような問題に直面する可能性が高いはずです。このような失敗をしないためにも、まず自分の不満の原因を整理し、自分が具体的に何を望んでいるのか優先順位をはっきりさせ、その視点から仕事を探すようにしたほうがいいでしょう。

転職を考えることは、人生の途中で自分のことをしっかり見つめなおすきっかけだとも私は思うのです。

転職の理由によっては思いとどまったほうが良い

世の中で転職を考えている人はたくさんいると思います。
ただ、その理由によっては、思いとどまったほうが良いかもしれません。
大きく分けて前向きな転職と後ろ向きな転職があります。
前向きな転職と言うのは、もっと給料等の条件の良い会社や、
もっとやりがいのある会社を求めての転職です。
一方、後ろ向きな転職というのは、仕事がキツイ、楽しくない、人間関係が辛いなど、
現在の環境から逃げ出すための転職です。
前者の方には、そのまま志を貫いて、新しい職を探すことをお勧めします。
ただ、後者の方には、現状から逃げられても、おそらく、それ以降も同じことを繰り返すことになるので、
転職を思いとどまってほしいと思います。
実に私がそうだったからです。
現在、私は自分の甘さと世の中の厳しさを身をもって実感しているところです。
後悔する前に、今一度考えて欲しいと思います。

仲間の転職

私は今年で年齢50歳を迎える男性です。自分で言うのも変ですが有名国立大学を卒業して「一流企業」と呼ばれるところに勤めています。私の大学時代のゼミは金融関係で、そのせいか仲間の就職先は大体銀行か保険会社でした。大学を卒業して30年近くになりますが、毎年年末には同級生で忘年会をし、お互いの近況を報告します。すると、毎年のように仲間の仕事先が変わっているのです。特に銀行に就職した者は、銀行同士の吸収合併があり、卒業時にはお互いそれぞれの道を進んだのですが数十年経って同じ会社の同僚となって再開するというケースも珍しくありません。
しかし、吸収した側はよいのですが、吸収された側の人間はどうしても人事の面で先が期待できなくなってしまいます。その結果、毎日つらい思いばかりするくらいならいっそベンチャー企業にでも行って一旗揚げたいという気持ちにかられるそうです。
毎年集まる仲間のうち、卒業後の就職先に現在もとどまっている者は一人もいません。皆それぞれに人生の決断をして新たな道を切り開いています。
また今年の年末に仲間たちと会うのが楽しみです。